顔汗
気温が高くなると汗をかくのは当然です。しかしその量が尋常ではない、また特定の部位にだけ大量の汗をかくと言うのは、時に生活に支障をきたす場合もあります。

顔に大量の汗をかく顔汗もこうした事例に該当し、特に女性にとってはメイク崩れの原因ともなるため、非常に厄介なものだと言えます。

顔汗が発生する原因には、全身の体温調節機能がうまく作用していないことやストレス、緊張、また甲状腺機能が亢進している疾患、ホルモンバランスの乱れなどを挙げることができます。

顔汗の対策は?

顔汗2こうした顔汗の対策として、簡単に行うことができて効果が高いのが、首まわりを冷やすと言う方法です。首の後ろや頸動脈が走っているところなどを意識して、濡れタオルや保冷剤などで冷やすと顔汗を抑えることができます。

メイクをする際もこの対策を取り入れると有効です。これを頻繁に繰り返していると、体温調節機能を鍛えることもできるので、多汗に対する根本的な解決方法としても有効です。

また半側発汗と言う人間の体の仕組みを利用するのも、顔汗を抑える対策のひとつです。汗をかきたくない部分を圧迫することで、その反対側の部分の汗の量が多くなる、つまり汗をかく部分を反対側に移動させると言うのが半側発汗の仕組みです。

根本的な解決にはなりませんが、一時的に顔汗を抑えることはできます。顔汗の場合は、胸の周囲や乳首から5~10センチ上のところを紐や親指などで強く圧迫すると有効です。



顔汗サラフェサラフェ