顔汗
顔汗の原因は運動不足などによって体温調節機能のバランスが崩れていることである場合が多いのですが、交感神経が活発に働くことで顔汗をかく場合もあります。

 

顔汗の役割としては、顔や頭の温度を下げることなのですが、極度の緊張のために精神的な発汗をすることもあります。

顔汗女性交感神経が刺激されると顔汗をかいてしまう仕組みは、人間が本来持っている危機を回避するための能力が交感神経によって働くのですが、このときに必要な部分に血液が集中して、顔や手などの必要のない部分の血液が全て他の部分に流れていきます。

 

それによって顔の温度が急降下して顔汗が大量に出てしまうことになります。

顔汗に関しては顔面多汗症である場合に手術によって治療をすることができるのですが、基本的にはボトックス注射による治療が行われていて、汗腺の働きを長期的に止めるようにします。

 

顔汗の直接の原因は交感神経の興奮なので、これを和らげることで顔汗を少なくすることができるのですが、その方法としては自律訓練法や瞑想などによって副交感神経に自分の意志で切り替える練習をすることです。

 

毎日2回程度練習をすることで、交感神経の興奮を抑えることができるので、顔汗を減らすことができます。



顔汗サラフェサラフェ