顔汗
汗は体内の温度を下げ調節するために必要なことですが、顔汗が多いと化粧が崩れるため困ることもあります。
多汗症の場合でも顔汗をかきやすくなります。

 

多汗症の原因は、ホルモンバランスの乱れや不安を感じた時や緊張をするなどのストレス、肉類や刺激の強いものを好んで食べる傾向がある場合で、運動をしていないのに汗を多くかく場合は多汗症の可能性が考えられます。

 
顔汗が多い場合に考えられることは、運動不足など日常で汗をかく習慣がなく、熱の発生が極端に少なくなると汗腺が活動しなくなります。

 

活動しない汗腺が増えると下半身や腕、手足に汗をかかなくなり、手足の汗が少なくなると顔での体温調節するようになり、顔に汗を多くかくようになります。

 

顔汗対策は?

顔汗対策顔汗の対策は、保冷剤を首の後ろに当てて首回りを冷やす、大豆イソフラボンなどの多汗症に効果のある食べ物を摂取するなどがあります。この対策は、運動などを行い体が汗をかきやすい生活をしてから行なうことが最も効果が得られます。

 
顔汗は、薬を飲んで治療することも可能です。汗が多い場合は多汗症の場合と精神的な場合の2つが考えられるため、自分の判断でインターネットなどで購入せずに皮膚科などを受診して医師に薬を処方してもらいことが大切です。

 
顔汗が多い場合は、まずは運動して汗をかき、大豆イソフラボンが含まれている食事をとるなど対策をします。それでも汗が異常な場合は、医師に相談することが良い選択です。



顔汗サラフェサラフェ