顔汗

顔汗がひどいということは、体の中で陽が強まっていると考えられます。体質としては陽盛となるものであり、陰が弱まっている状態であります。

 

この状況を改善するために西洋薬を用いることがありますが、顔汗を抑える効果がある漢方薬を使うことも有効です。

 

止汗の効能がある生薬としては、マメ科のキバナオウギを基原植物とする黄耆があります。黄耆が配合された漢方薬は、顔汗の改善にも効果があると考えられます。

 

顔汗しかしながら、厳密には患者の証に合わせる形で処方する必要があります。陽が強いわけですから、体にたまった熱を下げる必要もあります。

 

五性の分類で涼性の方剤を使うことで、過剰な顔汗を抑える効果が期待できます。普段の食事でも涼性の食材を食べていれば、陽が過剰な状態を改善できます。

 

黄耆が含まれる方剤としては、黄耆建中湯や半夏白朮天麻湯などがあります。また、漢方医学の四診を受けることによっても対策を考えることができます。

 

四診を受けて原因が分かれば、経穴推拿や鍼灸を行うことで改善させることもできます。漢方医学や中医学の長年の経験則を使えば、顔汗を改善するために有効なのは明らかです。

 

副作用が少ない利点があるのは、自然の植物を使いながら、ツボも刺激できるからです。



顔汗サラフェサラフェ