顔汗頭痛

夏が近づき気温が上がると、全身に汗が出やすくなりますが、顔汗ばかり出てしまう場合は、運動不足が原因の場合が多いです。日常生活の中で汗をかく事が少ないと、汗腺の活動がしにくくなります。

 

しかし、休んでいる状態の時には汗腺が増え、他の体の部位に汗がかきにくくなり、顔などの一部分のみで体温調節をするようになってしまうので、顔汗が出やすくなってしまうのです。

 
顔汗が出やすくなることによって、普段は常在菌といわれている細菌に肌が守られているものが、汗により雑菌を増殖させてしまい、肌が酸化しやすくなってしまいます。

 

顔汗それらにより肌が刺激を受けやすくなるので、顔汗が出ることによってかゆみも出やすくなってしまうのです。肌のバリア機能が低下しているため、肌が乾燥しやすくなることでもかゆみへと繋がります。

 

また、汗をかいやすい夏の時期は、皮脂が過剰分泌しやすくなるため、かゆみの原因ともなってしまいます。
顔汗やかゆみを予防していくには、日頃から軽い運動やストレッチをして汗をかくように心がけ、汗をかいたらこまめに拭き取るようにしましょう。

 

拭き取る際は肌に摩擦を与えないように優しく拭き取るようにしましょう。顔汗をかきやすく気になる人は、保冷剤や濡れタオルなどを首の後ろに当てましょう。

 

首を冷やすくことで、体感温度を下げることができ、顔汗が出にくくなります。



顔汗サラフェサラフェ